訓練受講希望者等に対するジョブ・カード作成支援推進事業
 ■ ジョブ・カードとは

ジョブ・カードとは
 1ジョブ・カードとは、「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」の機能を担うツール 
生涯を通じたキャリア・プランニング 
キャリアコンサルティング等の支援の前提となる個人の履歴や、支援を通じた職業経験の棚卸し、職業生活設計等の情報を蓄積し、訓練の受講、キャリア選択等のキャリア形成の場面において活用 
職業能力証明 
免許・資格・教育(学習)・訓練歴、職務経験、教育・訓練成果の評価、職場での仕事振りの評価に関する職業能力証明の情報を蓄積し、場面・用途等に応じて情報を抽出・編集し、求職活動の際の応募書類、キャリアコンサルティングの際の資料等として活用する、職業能力を見える化した「職業能力証明」のツールとして活用。 
 2.ジョブ・カードの活用形態・様式 
 職業人生を通じて、個人が各情報を項目別に記入。原則、電子化(個人自らのパソコン等に入力)し、継続的に蓄積、場面に応じて抽出・編集して活用。※紙媒体での活用も可能。  
必要に応じて、キャリアコンサルティング等の支援を受けて記入していきます。  
 
3.活用例  
 
 
4.ジョブ・カード活用のメリット  
  ジョブカードを作成・利用することで、労働者、求職者等の個人にも、事業主にも、次のようなメリットがあります。
 
 
 
 
     

                                                      ▶ 個人情報保護について


 厚生労働省佐賀労働局および長崎労働局主催の「訓練受講希望者等に対するジョブ・カード作成支援推進事業」は、
委託事業として一般社団法人日本産業カウンセラー協会が運営しています。


     


Copyright@訓練受講希望者等に対するジョブカード支援推進事業 All Reserved.委託: 一般社団法人日本産業カウンセラー協会